色々あります。40代髪の悩み

10代や20代の頃は「髪の量が多すぎる」とか「雨の日に髪が広がる」とか「枝毛がたくさんあってイヤ」なんて、今考えると、とても贅沢なものだったように思えます。

お金も暇もあったときは、パーマもじゃんじゃんかけて、ヘアダイもジャンジャンしたり、ヘアダイよりヘアマニュキュアの方が痛まないよと言われてみたら試してみたり、美容院で高いトリートメントしてもらったり、買ってみたり・・・。若いときは悩み解消のために、随分と髪の毛に、手間もお金もかけたものです。

でも、40代になって、髪の悩みも更に深刻さを増しているというのに、まだ学校に通う子どもがいる身では、シャンプーもトリートメントも、そんなに良いものを使う訳にはいきません。

若いとき、美容師さんに「髪をもっとも痛めるのはシャンプーだよ。シャンプーだけは、良いものを使った方が良いよ」と言われていましたが、40代の私たちには、それよりなにより髪の毛を芯からいためる「白髪染め」という敵がいます。

30代の頃は、白髪もそんなになかったので、何か月かに1回、美容院で染めていました。美容院で染めている分には、染めてもそれほど痛みません。ところが、40歳を過ぎたころから、急に白髪が増えて、染めて一月も経つと髪の生え際は白髪だらけ・・・。そう、毎月美容院に行っている時間もお金もないので、ドラッグストアに売っている、家庭用の毛染めに手を出しました。

そうしたら、もう髪の毛の芯の芯まで、カッサカサになるほど痛んでしまいました。

でも、染めないと年が10歳くらい老けて見えるし・・・。今は、木炭入りヘナというのを使っていますが、冬になると温度が低いので、染料の入りが悪くて、なかなかうまく白髪がそまりません。しかたなく、プッシュすると黒い液体が筆先に出てくる部分白髪染めを使っていますが、染める部分が多いので、いくら買ってもすぐになくなります。

若い人の悩みは、それはそれで深刻なのでしょうが、年をとってからの髪の悩みは本当に切実です。私は、まだ髪の毛が薄くはなっていませんが、でも、やはりコシがなくなって、一本一本も細くなっている気がします。友人などには、つむじの部分がかなり薄くなっていて、本気で悩んでいます。あと、10年もたつと、私も白髪どころか、増毛について真剣に考えなくてはいけなくなるのかなぁとおもいます。

髪は女の命。命だけあって、悩みは本当につきませんね。

お手頃価格で買える、一生白髪がでないという新薬が開発されることを心から祈ります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*