インプラント治療にかかる費用は全額実費です

インプラントとは虫歯や歯周病等で欠損してしまった歯にボルトの様な形をしたねじ(フィクスチャー)というものを埋め込み、その上に歯冠(被せ)をし、無くしてしまった歯を自然な形に見えるようにする治療法です。この治療法は部分入歯やブリッジに比べ咀嚼した際の違和感があまりなく、より自然に食物を咀嚼する事が可能な事がこの治療法の最大のメリットと言えます。メリットがあるという事は必ずそこにはデメリットも存在します。この治療法のデメリットは医療費がかなりの高額になるという事です。
現在この治療法は保険診療として認められておらず自由診療という形をとっています。保険診療とは国民保険や社会保険で医療費を補助してもらい3割を実費として支払うものですが、自由診療とは歯科医が自由に診療報酬を決められるように出来ていますので、歯科医や医療機関によって費用はかなりの差があります。保険診療とはその疾患を治癒するのに最低限必要な診療・治療に関してのみかかるもので、インプラントは審美歯科の範疇として捉えられている為、保険診療とは認められないのです。
しかし最近はこの治療法を選ぶ患者が増えてきており、それなりの平均相場というものも出てきました。
だいたい抜け落ちた歯を一本治療するのに30万~50万円程が相場としてかかると考えると良いでしょう。
しかしインプラントの治療は歯を埋め込むだけでは終わりません。治療後のメンテナンスが必要となっており、1回のメンテナンスに3000円~10000円程度必要になってきますので、治療を検討する際には金銭的にかなりの余裕を診ておいた方が賢明と言えます。
高額な医療費というデメリットはありますが、治療で支払った費用は医療費控除の対象になります。年末の確定申告の際には必ず申告する事が必要となりますので領収書等は保管若しくは医療機関に請求しておく事が大切です。
また、歯科ローンやカードローンで支払いが出来る場合もありますので、最初に支払う金銭的余裕がない場合でも治療が受けられるようになっています。この場合の医療費控除の際の申告額は既に支払ったもののみになります。
この様に高額な治療費がかかり、医療機関によっても金額の差が出やすい治療ですが、高いからと言って良い歯科医であるとは限らないので注意が必要です。この治療法には自由診療というメリットが医師側にはありますので、経験や技術が不足している医師もこの治療法に乗り出しています。治療するための医療機関選びは慎重に行う事が肝心です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*